各種印刷

ケミカルレスCTPシステム

環境と使い手の立場を考慮する ケミカルレスCTPシステムの導入

ケミカルレス(chemical less)とは、化学薬品を使用しないという意味です。印刷製版は、写真技術の延長ということもあって現像液という化学薬品を廃液として処理しなくてはならず、環境汚染を起こさないという注意を払いながら、使ってきました。
 今年導入した、KONIKA MINOLTAのケミカルレスCTPシステムは、その名のとおり「地球を大切に」「人と自然を大切に」と考えた現像液不要のシステムで、必要なのは僅かな水と版のコーテング液だけです。環境にも、オペレーターにも優しいシステムです。